キャンプ飯

【キャンプ飯】スキレットを使って、絶品鶏めしのレシピ

こんにちは、たかじー(@oki.camp)です!

今回は福岡県民大好きな「鶏めし」のレシピ紹介です。

こちらはよく参考にしているりゅうじさんのレシピをベースに作りました。

自分好みにしているので、味付けとかは異なっているところがありますよ。

妻も子供もめちゃくちゃ美味しいと言ってくれて、また作ってくれとのリクエストいただきました!

味がしっかりしていて、キャンプで食べると絶品!

お酒との相性がいいので、ぜひお試しください。

たかじー

油のうまみと出汁のうまみが絡むよ

えりちゃん

これはすぐにまた作ってほしいわ

スキレット鶏めしの材料

材料
  • 鶏もも 1枚
  • ごぼう 1/2本
  • にんにく 1片
  • ご飯 1合
  • しょうゆ 大さじ1半
  • 白だし 小さじ1
  • 酒 大さじ1
  • みりん 大さじ1

キャンプでつくるときは、現場で切るのもいいですし、家で準備していくのも、それぞれのスタイルで。

ごぼうはすでに切って水に使っているものがスーパーにあるので、そちらを使うのも楽でいいかもですね。

たかじー

具材の種類増やしてもおいしいよ

ごぼうはこのぐらいの分量を使いました。

一応、家なので測ってみたら70gでしたよ。

今回のポイントですが、鶏肉は皮を剥がして身と分けてから切ってください。

ごぼうは細切りにしていますが、ささがきでもお好みでやっちゃってください。

たかじー

キャンプ飯はある程度適当でいいよね

調理する道具は、キャプテンスタッグとSOTOのシングルバーナーと、ご飯を炊くのにトランギアのメスティン。

我が家のキャンプに使うクッカーといえば、これがメインです。

たかじー

SOTOとトランギアは人気よねー

created by Rinker
trangia(トランギア)
¥3,247
(2021/04/19 20:21:20時点 Amazon調べ-詳細)

絶品キャンプ飯!鶏めしの作り方

スキレットに油を少しいれて、鶏皮をしっかりと炒めていきます。

皮がこんがりとするまで炒めていくと、鶏油を作ってください。

鶏油が鶏めしのうまみのベースになる

鶏皮がカリッとしたら、鶏肉のほうをいれていきます。

ある程度、お肉に火がはいればOKです。

ごぼうの千切りをいれて、さらに炒めていきますよ。

ちなみに、千切りなので、予想よりも早く火が通ってきます。

調味料をあわせて煮詰めながら、具材に味を染み渡らせてください。

煮汁がある程度なくなったら、火を止めてご飯を混ぜ合わせていきます。

汁気がなくなるときれいに混ざらなくなるので、このバランスが微妙にむずかしかったりします。

ごはん一粒一粒に煮汁を絡めていくイメージ

ご飯とタレがしっかりと絡んだら完成です。

たかじー

スキレットの予熱で混ぜていってね

うまみがたっぷり詰まったコク深い鶏めし

仕上げにネギなどのせると彩り的にもいいですよ。

えりちゃん

めっちゃ美味しそうな香りするけど

たかじー

食欲刺激されるよね

若干醤油の焦げたような香りもたまりませんね。

この香りだけで白米が食べられそうな気がするレベル。

たかじー

お酒のつまみになる香りや

ひとくち食べたら、もうね、感動しますよこれは。

鶏油の旨みがベースとしてしっかりと味をささえてくれています。

鶏肉とごぼうのうまみも力強くて、普通の鶏めしよりもパンチ力がすごい。

これはマジでお酒もすすむ味ですよ。

子供もめちゃくちゃ気に入ったのか、信じれない勢いで食べていましたw

えりちゃん

マジでおいしいわ

たかじー

日本人なら好きな味よな〜

お好みで七味・山椒・コショウなどかけたら、これまたうまい

まとめ

スキレットでつくる「鶏めし」のレシピいかがでしたでしょうか。

美味しくするポイントは、

  • 鶏油をちゃんとつくる
  • ごはんと煮汁をきれいに混ぜ合わせる

調理自体は難しくないですが、外で具材を切ったりするのは少し大変です。

家で仕込みをしていくほうがおすすめですね。

味については、絶品キャンプ飯として納得できると思いますよ。

お酒と一緒にも楽しめますし、子供も喜んで食べるような味付けです。

きのこやにんじんなど、具材を増やして贅沢にしても楽しいので、「鶏めし」ぜひお試しください。

たかじー

美味しいので家でもつくってね

最後まで読んでいただきありがとうございました!

よろしければ、あたなのおすすめホットサンドメーカーレシピ、ぜひ教えてくださいね^^

Twitter、インスタのフォローもお願いします。


@oki.camp

ABOUT ME
たかじー
沖縄に移住した2児の父。子どもが生まれてからファミリーキャンプ欲が高まり中。ほとんどキャンプ道具を持ったこともない親父が、快適なファミリーキャンプをするため、奮闘していくブログです。